ニュースペースデザインのインキュベーションプロジェクト

ニュースペースデザイン株式会社
トップページ 商品開発 システム開発 プロジェクト 会社概要

お問合せ

インキュベーションプロジェクト

ユニークな事、新しい事、面白い事、時代と共に変化していく事、などに関して、特定のフィールドは設けず、今後のビジネス創出のきっかけ作りとして研究中の題材のご紹介です。

■ 幸せと仕事

産業革命以降、分業による大量生産、大量消費で経済的に豊かになりました。幸せのサイクルディジタル商品は、大量生産により、劇的に価格が安くなりました。
このような形態で生産する会社/組織では、人間は全体の歯車の一部で作業することが効率的で、合理的でしたが、分業により人間本来の働く喜びを見出すことが難しくなったことも事実です。
さらに、特定の業務はAIに置き換えられていくことになります。
「幸せと仕事」プロジェクトでは、「働くことの喜び」を考える場を設け、人生100年の時代に向けて、ワークライフバランス(仕事と余暇を分ける)ではなく、働くこと自体(プロセス)に喜びを見出せることの大切さを考えています。gladline

■拡張現実(AR)を HMDに導入

Visual SLAM *1技術を利用し、カメラからの実世界の物体の距離、大きさを算出します。
その実映像に対して、テキストやCG物体を挿入した拡張現実映像*2をHMD*3で表示します。

このシステムの導入により、業務の効率化、予測化、より高度な業務の実現が可能になります。
又、新たなエンターティメントメントの楽しみ方の提案も検討中です。

*1 Simultaneous Localization And Mapping
  実映像・音声の3次元モデリング化
*2 拡張現実 (Augmented Reality )
*3 Head Mount Display

<導入予定例 (実用新案申請中)>

◆ 警備現場・観光現場・物流現場
◆ フィットネス
◆ エンターテイメント
◆ 工場・保守点検
◆ リモート・テレワーク 

AR-HMD

line

ページトップに戻る

■音による異常検出 (異常音源感知システム)

サブタイトル:画像処理では難しい、音特徴抽出による異常検出
”音 解析ソリューション”

<異常音源感知 システム概要>

◆ 異常音源感知装置を通じて異常を感知し、管理者に伝達して発生された地点の CCTVを自動で制御して管制します。

*CCTV :Closed Circuit Television 

音源感知1

<適用分野>

◆ CCTV 死角地帯、無人店鋪、保安施設、トンネルなどの異常音源を感知して、迅速な対応ができるようにします。

音源感知2

line

ページトップに戻る

Copyright ©2010-2021 New Space Design Co.,Ltd All Rights Reserved