ニュースペースデザインモバイルサイトmenubar

■システム開発アイテム

■システムソリューション開発のアーキテクチャ

アーキテクチャ

指数関数的に進化する先端技術の、プラットホーム(SoC , OS)上に、AR (拡張現実) とAI (人工知能) を融合し、弊社で長年培った映像、音声技術を軸に、独創的なアプリケーション開発を展開します。

SoC:System on a Chip
AR:Augmented Reality
AI:Artificial Intelligence

solution map

■システムソリューション開発事例

▼エッジAIネットワークカメラシステム
▼車内エンターテインメントシステム
▼音による異常検出システム
▼Visual SLAM 応用システム
▼車両運行管理システム(FMS)
▼DVRリモートビューシステム
▼AI処理システム
▼顔面分析システム
▼受託開発


■システムソリューション開発の詳細

■エッジAIネットワークカメラ システム

●エッジAIネットワークカメラ

クラウドを用いたネットワークシステムの導入が進展しています。
一方で、危険察知などのリアルタイム性が要求されるシステムにおいては、AIプロセッサーを内蔵したエッジ端末により、通信コストを抑えつつ、高速にアラートを発生させるシステムのニーズも高まっています。
弊社では、以下の特徴を持ったエッジAIネットワークカメラシステムのアプリケーションソフトを導入しております。

AI-camera

<特徴>
・高速処理判定(アラート)
・通信量削減
・サーバ負荷減少
・設置個所毎に個別設定可能

<導入事例>
variation

エッジAIネットワークカメラ Powerd by New Space Design

i-PRO社製カメラをベースに、顧客の要件に合わせたアプリケーションを弊社が開発します。

customize

sample

エッジAIソリューションのメリット

advantages

アプリケーションの事例

AI動体検知アプリケーション

エッジAIカメラで人・車・二輪を識別・検知して侵入/方向/滞留/ラインクロスをサポートします。

◆イメージ動画

AIプライバシー保護アプリケーション

エッジAIカメラで人・顔を検知。
人物全体、顔部分のみにモザイクをかけてプライバシーに配慮した運用をサポートします。
※非プライバシー映像の同時配信も可能

◆イメージ動画

AIマスク非着用アプリケーション

エッジAIカメラでマスク非着用をリアルタイムに検出します。
例えば、サイネージ制御機器との連携で注意喚起出来ます。

マスク非着用アプリ

ナンバー認識アプリケーション

エッジAIカメラでナンバーをリアルタイムに読取り、サーバーに画像とナンバー情報を送信することでナンバーを照合し、入場ゲートの開閉などの運用が可能。

numberアプリ

AIネットワークカメラの追加アプリ構造

最大3つのアプリをインストール可能で同時動作も可能。

applications

■マルチモニター エンターティメント ソフトウェア フレームワーク

●車内エンターテインメントシステム・ソリューション

車のコネクテッドカー化に伴い、車内は移動のための窮屈な場所ではなくなります。
車内エンターテインメントシステムの構築が、広範囲かつ高度な進化をもたらします。
ネットブラウズ、TV放送、ゲーム、アプリ、TV会議、NETFLIX、amazon、VOD、音楽等、同乗者それぞれが独立したワークや楽しみを満喫できるマルチモニター エンターテイメント ソリューションをご紹介します。

マルチモニター

ニュースペースデザインは、Linux OSやandroidの既存アプリがシームレスに動作可能となるソフトウェア フレームワークを提供します。

<適用分野>

◆家族ドライブに: 子供向けリアシートモニターでゲーム・アニメ・音楽を
◆長時間移動に: 同乗者向け・映画・ネットブラウズ・TV・音楽・VODを
◆テレワークに: 同乗者向け・TV会議・電話・検索・スマホミラーリングを

<ソフトウエア フレームワーク事例>
フレームワーク
タッチパネルの入力デバイス、インターネット、GPS、マイクロフォン、音量調整、カメラ、各種車両センサー、双方向通信等に対応します。

<Youtube動画でご紹介>


■音による異常検出システム

●異常音源感知システムの概要

異常音源感知装置を通じて異常を感知し、管理者に伝達して発生した地点の CCTV (Closed Circuit Television)を自動で制御して管制します。

異常音感知

<適用分野>

CCTVの死角地帯、無人店鋪、保安施設、トンネルなど。
異常音源を感知して、迅速な対応ができるようにします。

適用分野

■システム構成例

異音検知AIマイクとPTZカメラの組合せ

AIマイクとPTZカメラ〇異音検知AIマイクにより音源方向を特定し、ONVIF経由でPTZカメラが音源方向へ向きを変えてフォーカスする。(写真上がPTZカメラ)

〇AIによる学習効果で特定の音源(叫び声、悲鳴、爆発音、衝突音、クラクション、アラーム音など)を検出し、音源方向を特定することが可能。(写真下が異音検知AIマイク)

異音検知AIマイク コンソール画面(写真下)
〇検出した音声が対象とする特性であるかを解析。
(複数の特性を予め設定可能)
対象とする音声であれば、音源方向を特定。

〇カメラのライブビュー:
音源方向にカメラの向きを自動で変え、録画指定も可能。
音源に画像をフォーカスすることにより、状況を正確に把握可能。
AIマイクコンソール


■Visual SLAM 応用システム

◎自律走行や拡張現実への展開に向けて

ARとVRは、日常生活、仕事などに関わる必須のツールとなりつつあります。
ARやVRに欠かせない要素であるディスプレイと同様に、そのコア技術としてはVisual SLAMが必須となります。
ニュースペースデザインでは、Visual SLAMをコアとした組み込みソフトウェアと、新たな価値を提供するアプリケーション開発に注力し、自律走行や拡張現実への展開に向けて機能の実装を進めていきます。

*Visual SLAM : Visual Simultaneous Localization And Mapping

Visual SLAM応用システムとNSDの取り組み
V-SLAMとNSD
実装可能な機能
要素技術と応用アイテム
LD:Lane Detection / 
VD:Vehicle Detection /
PD:Pedestrian Detection / 
TSR:Traffic Sign Recognition /
TLR:Traffics Light Recognition / 
MOD:Motion Object Detection /
GOD:General Object Detection / 
SLAM:Simultaneous Localization and Mapping

ハードウエアのプラットホームの一例
NVIDIA JETSONをプラットホームとして、AI , Visual SLAMの画像処理を実装します。
HWプラットホームの一例
フォークリフトへの応用例
フォークリフトへの応用例
フォークリフトへの設置例

前方と後方にステレオカメラを設置することにより、人間や障害物を検出して、自動でブレーキを掛けることが可能になります。
フォークリフトへの設置例

フォークリフト自律走行のソフトウェア構成

◆コアソフトウェア
- AI・ディープラーニングオブジェクト検出
- 自車位置計算・3D地図作成
- 障害物回避プラン算出
◆フォークリフト制御
- フォークリフト制御用ソフトウェア
- ECU (制御ユニット)に組み込み
◆判断・決定ソフトウェア
- マッピングされたシナリオに従ってコマンドを発行し、フォークリフトを制御
◆ソフトウェアの実装・カスタマイズ
- データベース構築
- 3Dモデルの構築・更新・工場、倉庫の稼働エリア
- フォークリフト制御用ソフトのインテグレーション
- アルゴリズムの実装 (C++ CUDA)
- フォークリフト制御用ソフトと決定ソフトのインテグレーション

自律走行の進化:

第1世代・第2世代は開発完>第3世代開発中

forklift1

第1世代の基本動作
forklift2

第1世代の主な機能
forklift3

第2世代:ナビ機能の導入
forklift4

第2世代:ナビ進化系に発展
forklift5

第3世代:
Visual SLAMによる3Dナビに展開
forklift6

走行シナリオの作成・実行:

運送計画とマップ作成により、障害物を避けながら各パレットを目的の場所へ搬送。
forklift7


■車両運行管理システム

車両を運用する企業において、安全性や経済効率の向上のために車両の位置情報や緊急情報を遠隔でリアルタイムでモニターが可能な車両管理システム(FMS:Fleet Management System)の導入が増加しています。
今後、自動運転化の進展に従って、5Gによる高速・低遅延・多数同時接続の特長を生かすために遠隔モニターによる管理の重要性が増します。
車両管理システム

これらの実現のためには、エッジコンピューティングとクラウドコンピューティングの最適化により、アプリケーションの拡張、ストレージ容量の拡張と高速化、低遅延化、通信量削減などの実現が必須となります。

弊社では、ドライブレコーダーとネットワークビデオレコーダー(NVR) の運用のノウハウをベースに用途に応じた最適な車両運行管理システムを提供しています。

遠隔管理モニター画面表示例

1)4G回線経由 自車位置
ライブビュー(地図拡大)
モニター画面表示例1

2)4G回線経由 自車位置
ライブビュー(ドラレコ動画拡大)
モニター画面表示例2

3)車両データ解析
燃費計算・走行距離・アラーム頻度等
モニター画面表示例3

4)危険運転度表示
モニター画面表示例4

5)運行軌跡
モニター画面表示例5

6)ビデオ再生
モニター画面表示例6

7)車両登録
モニター画面表示例7

8)アラーム設定
モニター画面表示例8

*商品化の際には日本語化と共に機能のカスタマイズにも対応いたします。


■DVRリモートビューシステム

社会的なニーズの拡大に伴って様々なセキュリティシステムが導入される中で、各々の設置場所、設置時期をはじめとして仕様やプロトコルが異なるために、規模が拡大するに従い一括管理できるシステム構築が求められてきました。

弊社がご提案するDVRリモートビューワーの導入により、既存のシステムはそのままに、遠隔にてライブモニター、DVRの制御の一括管理が可能になります。

DVRリモートビューシステム

◆現行のシステムにTXアダプターとRXデコーダーを追加!

◆遠隔での画像モニターはHDMI接続、制御はUSBマウス。

<特徴>

・独立した遠隔監視システム(汎用性)
・低遅延 (TXアダプター 〜 RXデコーダ間)
・マルチビデオ対応
・高セキュリティで不正アクセスをブロック
・使用するネットワークに合わせてカスタマイズ
・遠隔監視・制御センターの構築が容易
 (下図は構成例)

構成例


■AI処理システム

◆AI 技術に関して以下の3テーマに取り組んでいます。

1)画像認識(Classification:何が写ってるか判断可能)
2)物体検出(Object Detection:どこに何が写ってるか判断可能)
3)異常検知(正常データのみを学習し、異常なデータを検知)

<開発実績>

◆人混み内の人物の動き(しゃがみ/振返り/走り出す等)を検出して、アラート発出
◆顔認識を用いた年齢、性別の判定による、サイネージ、マーケティング
◆指定エリアへの人 (物)の侵入、退出検出
◆異常事態 ( 炎 煙 喧嘩 等)の検出
◆遺失物(残留物)の検出
◆異常音の検出 (走行中の異常音:ひび・破損・断裂・叫び声・クラクション・爆発・衝突等)

<画像認識におけるAI処理の活用>

画像認識のAI

■AIが画像分析を行うための学習手法として CNN(畳み込みニューラルネットワーク)を用いて画像認識を行ないます。
■ライブラリーの利用を基本として、学習データにより重み付けをして最適化を図ります。

<画像処理AIの 汎用事例>

◆農業 :AI搭載ドローンで農薬散布を自動化
◆インフラ :河川のコンクリート護岸のひび割れをAIで検知
◆医療 :AIを生かした画像診断で疾患を検知
◆空港 :顔認証技術で出国ゲートを効率化
◆警備 :AI搭載ロボットがドバイの街を警備


■顔面分析システム

オランダ・アムステルダム大学からのスピンオフ企業であるSightcorp社が提供する技術は、コンピュータービジョン・顔面分析と感情認識・人工知能技術などの分野における長年に亘る研究に基づくものです。

サイトコープ社は、使いやすい柔軟なソフトウェア開発キット“DeepSight SDK とFaceMatch SDK”などの製品を開発・販売しています。
前者は主にデジタルサイネージ業界向け、後者はセキュリティ目的の顔面認識を対象とした製品です。

顔面分析

弊社は2015年に国内販売代理店となりました。また、アムステルダム大学との密接な共同作業により、先端的な研究と技術の創出に参加できる立場にいます。

<特徴>

◆IDの確認 (1:1 認証)

⇒KYC (Know your customer)
⇒アクセスコントロール、支払い確認に最適
顔面分析1

◆顔の比較 (1:1 認証)

⇒アクセスコントロールとブラックリストDBのチェックに最適
顔面分析2

◆顔検索 (1:n 認証)
⇒グループ及びクラスタの顔の検索に最適
顔面分析3

DeepSight
ディープラーニング技術を利用した年齢・性別のようなデモグラフィックの重要な情報を認識します。
同時に顔面の表情、目の位置、頭の方向、視聴時間、服の色など多くの機能をリアルタイムで計測することが出来ます。
ディープラーニングにより6種類の表情(幸福・怒り・悲しみ・・・)を数値で表すことが出来ます。

◆FaceMatch
ディープラーニング技術により正確な 1:1認証、1:n 認証を実現しています。
複数の人間の顔面を同時に認識出来ます。
faceMatch

クロス-プラットフォーム
市場でリードするため、正確かつ柔軟なソリューションを顧客に提供します。
デスクストップアプリからウェブサービスやモバイルアプリに至るまで幅広いOSで動作します。

DeepSight SDKについて
評価用データセット<WIDER FACE>は、全ての顔面検出モデル用標準ベンチマークとして業界で認知されたデータセットです。

ポーズ、マスク着用など異なる変化を持つ顔面にも対応します。

<DeepSightの導入事例>
●デジタルサイネージシステムへの採用
⇒オフラインでマーケティングデータの収集
⇒対象者の性別・年齢に基づくコンテンツのリアルタイム自動更新

●自動車業界への導入
⇒ドライバの監視(眼の開閉と頭部の姿勢)--安全運転の実現
⇒表情認識により、車内の雰囲気と室内の調整(室温・カーラジオの音量調節)
⇒タクシー利用客へのコンテンツ提供とビッグデータの収集

●大学・予備校のリモート講義(表情の変化で参加者の講義内容理解度を判定)
●医療機関で Informed Consent 時における患者・家族の理解度の判定


■受託開発

AI ソフトウェアの受託開発

受託開発プロセス
お客様の上流設計(要求ヒアリング/仕様策定)から参画し、開発全般をサポートします。
アノテーションを外注することによる問題点を回避できます。

*問題点とは:

1)映像/画像データを外注先に開示するために、開発目的を推察される可能性がある。
2)工数がかかるためコストが高い。
3)常に均一な品質を求めるには、外注先の特定の個人を指名する必要がある。
4)期待する品質になるまでに時間がかかる。

⇒上記のような問題を解消するために、弊社ではアノテーションツールの開発、アノテーションチームの育成を進めていますので、熟練者と半自動化ツールの活用により効率的なアノテーション作業が行えます。

開発プロセス

●AIに関する基礎知識講習会(1〜3日程度)を行います。

<講習会の概要>
・AIの概論(AIとは何か / AIの仕組み / AIで何ができるのか等)
・AIの活用事例
・最新の動向

*お客様からのヒアリングを元に説明する内容をカスタマイズ可能です。
*参加にはコンサルティング契約が必要です。ご相談ください。

映像機器の受託開発

弊社で長年培ってきた映像・音声・GPS・無線関連機器の受託開発を行ないます。

・DVR (Digital Video Recorder )
・NVR (Network Video Recorder),
・ドライブレコーダー
・カメラ (IP, HD-SDI, EX-SDI, LVDS, ONVIF 等)
・フォーマット変換、中継器
・SOC: HI SILICON, TI 等
・OS: Linux, Android, iOS, Windows
・映像/音声コーデック: H.264, H.265
・無線:GPS, Wi-Fi 等

受託開発プロセス

開発プロセス


弊社へのお問合わせは下のボタン
からフォームメールをご利用ください
ニュースペースデザインへのお問合せ


◆メニュー◆

株式会社ニュースペースデザイン
Copyright©New Space Design Co.,Ltd
all rights reserved