製品案内 PCオーディオ USB-DAC 真空管アンプ DAC内蔵デジタルアンプ ミュージックバード

ニュースペースデザイン株式会社
トップページ 業務案内 コア技術 製品紹介 会社概要

お問合せ

●PRODUCTS | ニュースペースデザインのオーディオ製品案内

ニュースペースデザインのコア技術を活かしたユニーク製品を生み出し、また発掘して販売しております。
とりわけ、趣味の世界にITを取り込むことによって、より深い喜びを得られるような商品に焦点を当てて
法人のお客様向けにご提供しております。お問合せボタンからフォームメールをご利用下さい。
line

Audio Products

音楽コンテンツはCD、ダウンロード、ストリーミングと選択肢が広がり、聴くスタイルも多様化しましたが、変わらないものがあります。音楽には耳にした時の風景、楽しい事、辛いことを思い起こさせ、感動、安らぎ、希望や新たな情熱を与えてくれる不変のチカラがあります。
ニュースペースデザインは、この感動をより高めるため「音場の広がりと臨場感」を追求したこだわりのオーディオ製品開発に取り組んでいます。

デスクトップ真空管アンプデスクトップ真空管アンプ

リファレンス真空管アンプリファレンス真空管アンプ

USBオーディオDACUSBオーディオDAC

DAC搭載USBデジタルアンプDAC搭載USBデジタルアンプ

ミュージックバード受信機ミュージックバード受信機

●デスクトップ真空管アンプ

真空管ならではの暖かみのある、豊かな音が、ほのかな光とともに部屋全体を癒しの世界に導きます。
電源部には本格的なトランスを採用し、余裕ある安定した駆動力を実現しています。
簡単につないで聴く、パソコンオーディオ時代の高品質デスクトップ真空管アンプ「AF-02」は発売以来、大変ご好評を頂いております。
そして、この音質をさらに良いものにできないかという探究心から、様々な試みの結果、チューンナップといえるまでの1つの答えを導き出しました。

チューンナップ by ニュースペースデザイン

■AF-02 Premium powered by AUDILLUSION

真空管アンプ AF-02[AF-02の基本設計は]
プリアンプ部に真空管、パワーアンプ部にパワーICを搭載したハイブリッドアンプ構成です。
小型サイズながら本格的な電源トランスを採用し、15W+15Wのハイパワーアンプが余裕ある、安定したスピーカの駆動力を実現しています。
PC接続や、SDカード/USB挿入が手軽に出来るように右側面に入力端子とスロットを装備しました。お手持ちのiPod等ポータブルオーディオも高音質で楽しめます。
また、本格的なCDソースへの拡張性に対応、AUXのピン端子を装備しています。
スピーカ端子にはバナナプラグ対応の端子を採用、接触抵抗によるロスを防ぐため金メッキを施しています。
パーツにこだわるとともに、外装にはピアノ光沢仕上げを採用した贅沢な仕様が、身近に置けるデスクトップオーディオとして視覚的にもご満足いただけます。
ご要望の多い純白のWhite Versionも登場しました。

[AF-02 Premium powered by AUDILLUSIONの音作りとは]
音質を評価する指標として、周波数特性は重要な定量的指標です。音質を形作る指標はそれだけではありません。
正しくスピーカを駆動する事も音質を追及する中で常に念頭において評価を行ってきました。
一般に周波数特性が20Hzまで伸びていても、群遅延特性は特に低域(100Hz以下)になると乱れてきます。これは、自然界には存在する音にはない電子回路による不自然な現象といえます。たとえ小型スピーカでも、60-100Hzまでの低域をカバーしています。そこで、群遅延特性を平坦にする事が重要との観点でチューニングを行いました。結果として周波数特性も平坦になります。

ポイント その1: 低域の周波数特性を改善
プリアンプ部回路定数を見直すことで低域の周波数特性を大幅に改善しました。
上のグラフは周波数特性、下のグラフは群遅延特性のシミュレーション結果です。
赤線がAF-02、青線がAF-02 Premiumの特性です。

周波数特性と群遅延特性 上のグラフからわかりますように、20Hzの周波数特性は赤線が僅かに下がっています。
下のグラフは群遅延特性です。20Hzでの遅延量の違いに着目して下さい。この遅延量の違いが何を意味するのでしょうか。20Hzの正弦波を入力した時の応答特性を示します。
AF-02(赤線)では、低い周波数では遅延が増えます。青線がAF-02 Premiumの群遅延特性で全周波数領域に亘り、平坦であることがわかります。こうした低域での群遅延の増加は、自然界の楽器の発音では起きません。周波数に関わりなく群遅延は平坦でないと聴感上、違和感があります。

では、時間軸でみた波形のシミュレーション結果はどうなっているでしょう。
下の波形は、20Hzの正弦波を入力した場合の出力波形との比較です。

時間軸で見た波形のシミュレーション緑線は入力周波数。青線(AF-02 Premium)と緑線は、ほぼ重なって入出力に差異はありません。
しかし、赤線(AF-02)は最初の正側が小さく、徐々に大きくなります。
また、位相も緑線(入力信号)と異なっています。実際の音楽信号では、20Hzが基音とすれば、複雑な高調波を持ちます。

ポイント その2: パワーアンプ回路の見直し
●パワーアンプ部出力回路を見直すことで、出力段パワーアンプの持つ、本来の性能に近づけました。これは、スピーカを“正しく駆動する”ことにつながります。

ポイント その3: グラウンドの最適化
●グラウンドの最適化を図ることで、ダイナミックな音圧の変化(電流負荷の変動)による電圧変動を抑えることができました。

聴感上の改善ポイント
AF-02に対してAF-02 Premiumは、
●低音域のしまり、リズム感、そして高音域の伸びの良さが改善され、全体的に自然な音色、且つ空間的な広がりのある音を表現できるようになりました。
●データ上では僅かな差ですが、人間の耳はこのようなごく僅かな違いを聞き分ける能力を持っています。
●より自然に近い音になることで、心地よさを感じていただけます。

■AF-02 Premium White Version

ご要望の多いホワイトバージョンのAF-02 Premiumがラインアップに追加されました。

AF-02 Premium White Version

仕様標準仕様

真空管アンプAF02実用最大出力: 15W+15W (8Ω)
真空管: 6C3 ×2本
S/N比:  80dB以上
周波数特性: 20〜20KHz(+−1.5db)
電源: AC100/230V (50Hz/60Hz)
オーディオ入力端子: ステレオミニ、AUX (RCAピン)
データ入力端子: SDカード/USB、PC(ミニUSB)
出力端子: スピーカ端子、ヘッドフォン端子
外形寸法: 200(W)×135(D)×95(H) mm (突起物含まず)
重量: 2.0 Kg
付属品: PC接続USBケーブル、ワンタッチスピーカコード、
取扱説明書 ⇒ダウンロード(PDF)

●AF-02を既に購入いただいているお客様へ
お手持ちのAF-02をチューンナップご希望の方は、お問い合わせページよりご相談ください。
注)ニュースペースデザインからの購入品に限ります。

●法人のお客様へ
AF-02 Premiumを複数台購入ご希望の法人様は、お問い合わせページよりご相談ください。
数量・価格・納期等、ご希望をお伺い致しまして、可能な限り対応させていただきます。

法人のお客様・・・お問合せ

メモ一口メモ

■真空管のカスタマイズにもNew Space Designは対応します。
AF-02にオリジナルとして搭載されている真空管(63C)のほかに、ジャンル、趣向にあった音色の異なる真空管も準備中です。ジャンル毎に違う音色で聞きわけるのも真空管アンプAF-02の醍醐味です。
詳細については、お問い合わせページから「真空管カスタマイズ希望」とご指定いただけましたら参考商品データや販売ページをご案内させていただきます。(※弊社YAHOOショップで同時決済可能です)
Eメールでinfo.shop@new-space-design.comへ直接ご連絡いただく事でも対応可能です。

真空管アンプの故障修理にもNew Space Designは対応します。
真空管を熟知した専門スタッフが故障時の修理に対応させていただきます。
真空管のスペアも保管しておりますのでご安心ください。
line

ページトップに戻る

●リファレンス真空管アンプ

■P88I

真空管アンプP88I

<特徴>

  • 高調波歪を最小限に抑えたウルトラリニア回路設計
  • スムースで自然な再生音で定評のある大型真空管KT88を使用(AB級)
  • 精緻で深みのある音を引き出す大型電源トランス、出力トランス搭載
  • プリント基板を使わず全工程を熟練職人が手作りで配線組立
  • 連続出力 50[W] X 2CH 金メッキスピーカ端子
  • 4種類の金メッキ入力端子 (CD、 TUNER、AUX1、AUX2)
  • 真空管のバイアス調整端子付

P88I 真空管カバー付外観仕様仕様

実用最大出力: 50W+50W
真空管: KT88 X 4本、6N8P X 4本
S/N比:  88 〜 92dB
周波数特性: 30Hz 〜 36kHz±2dB
全高調波歪率: 1%以下 440Hz
入力感度: 550mV
出力インピーダンス: 4 ohm、8 ohm
入力インピーダンス: 250 kohm
電源: AC100/230V (50Hz/60Hz)
オーディオ入力端子: CD、TUNER、AUX1、AUX2
出力端子: スピーカ端子
消費電力: 200W
外形寸法: 390mm x 350mm x 200mm (突起含まず)
重量: 26 Kg

法人のお客様・・・お問合せ

line

ページトップに戻る

■E300I

真空管アンプE300I

<特徴>

  • 高調波歪を最小限に抑えた回路設計
  • 定評のある真空管300Bを使用(純A級)
  • 精緻で深みのあるサウンドを引き出す大型電源トランス、出力トランス搭載
  • プリント基板を使わず全工程を熟練職人が手作りで配線組立
  • 連続出力 8W X 2ch 金メッキスピーカ端子
  • 2種類の金メッキ入力端子 (CD、AUX)
  • 真空管のバイアス調整端子付

仕様仕様

真空管アンプE300Iのリアパネル実用最大出力: 8W + 8W
真空管: 300B x2 (パワーアンプ用)
真空管: 6P8P、6DJ8(6N11) x各2 (プリアンプ用)
真空管: 5U4G(5Z4) 各2(整流回路用)
S/N比:  92dB
周波数特性: 20Hz 〜 30kHz±1dB
全高調波歪率: 1%以下 440Hz
入力感度: 600mV
出力インピーダンス: 4 ohm、8 ohm
入力インピーダンス: 100 kohm
オーディオ入力端子: CD、AUX
出力端子: スピーカ端子
消費電力: 150W
外形寸法: 280mm x 430mm x 220mm (突起含まず)
重量: 25 Kg

法人のお客様・・・お問合せ

line

ページトップに戻る

●USBオーディオDAC

パソコンのデジタル音楽ファイルを高音質なアナログ信号に変換するUSB DAC(DAコンバータ)!
コンパクトなサイズでありながら高級オ−ディオ装置に匹敵する信じられないほどの音像の定位、
密度の高い音場再生、三次元空間を想像させる臨場感を提供します。

ニュースペースデザインのデジタルとアナログ技術が凝縮された最新小型DAコンバータによって、
パソコンの音楽ファイルはもちろん、インターネットラジオやストリ−ミング音源、CD/DVDも高音質で楽しめます。

●近年、人気が高まっている高音質ヘッドフォンがUSB DACによって本領を発揮します。
●スピ−カを駆動できるパワーアンプを内蔵。
●DA変換してオーディオライン出力ケーブルでお手持ちのアンプに接続。
●CD/DVDプレーヤからの光デジタル出力をDA変換してアンプに接続。

様々なオーディオ装置との接続をお楽しみいただけるラインアップをご紹介します。

line

■HD USBオーディオDAC FD-26

<192KHz/24ビット対応DAC / USB2.0対応 / 光デジタル入力対応>

USB Audio DAC FD26HD USB オーディオDAC FD-26は、24bit/192kHzサンプリングに対応した本格的なオーディオDACです。
入力はUSB及び光デジタルに対応しており、お手持ちのパソコンや光デジタル出力対応のCDプレーヤ、DVDプレーヤ等のオーディオ機器が接続可能です。
オーディオ出力は、アナログライン出力(RCAピン L,R) と同軸のデジタル出力があります。
同軸のデジタル出力を録音機に接続すれば、再生と同時に録音が可能になります。

<特徴>

  • PCのUSB出力を音源とするハイファイ24bit/192KHz対応USB入力DAコンバータです。
  • USB電源ではなく、AC電源からの供給により、ダイナミックなドライブ性能をフルに発揮します。
  • お好みのアンプで心地よい音楽をお楽しみください。
  • PCとUSB接続で、音楽ファイル、BBストリーミング放送、インターネットラジオなどを高音質で再生できます。
  • お手持ちの光出力付きのCD、DVDプレーヤと光ケーブルで接続が可能です。
  • 同軸SPDIF出力を装備していますのでデジタル録音機器への接続が可能です。
  • DACチップは、ハイグレードのWolfson社のWM8740を採用。高いDレンジと高S/Nを実現。
  • ライン出力段のオペアンプは定評のあるナショナルセミコンダクター社製の5532を使用。デジタルとアナログ基板の独立配置により、アナログラインにデジタルノイズの混入を極力排除しています。
FD-26の回路基板

仕様仕様

オーディオライン出力 出力インピーダンス
最大出出力電圧
周波数応答
THD
S/N
100Ω
3.7Vrms (2KΩ負荷)
20Hz 〜 20KHz ± 0.3,dB
>0.002% (1KHz 0dB digital out)
<107dB (A weighted)
デジタル出力 形状
フォーマット
サンプリング周波数
同軸(RCA)
IEC-60958 (S/PDIF準拠)
32, 44.1, 48, 96, 96,176.2,192KHz (16/24bit)
USB入力 サンプリングレート
インターフェース
OS
8, 16, 32, 44.1, 48, 96,176.2,192KHz (16/24bit)
USB High-speed , full speed
Windows XP, Vista, 7 with WASAPI plugin, Mac OS X
デジタル入力 形状
フォーマット
サンプリング周波数
光デジタル角形コネクタ
IEC-60958 (SPDIF準拠)
32, 44.1, 48, 96, 96,176.2,192KHz (16/24bit)
DAコンバータIC メーカ WM8740 (Wolfson)
サイズ/重量 サイズ
重量
H:48mm×W:94mm×D123mm(突起物含まず)
500g(本体)
電源 - ACアダプタ 12V 1A
付属品 - ACアダプタ 12V 1A, USBケーブル(0.5m),
簡易取扱説明書(英文)

FD-26を活かすシステム構成例●オーディオシステム構成例

法人のお客様・・・お問合せ

line

ページトップに戻る

■USBオーディオDAC FD-20シリーズ (ヘッドフォンアンプ内蔵)

<チューンナップ by ニュースペースデザイン>

●FD−20シリーズ概要
USB-DAコンバータ FD-20FD-20はPCのUSB出力を音源とするハイファイ24bit/96KHz対応USB入力DAコンバータです。
USB電源ではなくAC電源からの供給により、ダイナミックなドライブ性能をフルに発揮します。
お好みのアンプで心地よい音楽をお楽しみください。
音源は音楽ファイル、ブロードバンドストリーミング放送、インターネットラジオなどをPCからのUSB出力により高音質でお楽しみいただけます。
ヘッドフォンアンプを内蔵、ヘッドフォンで音楽を楽しむこともできます。
同軸SPDIF出力を装備 デジタル入力機器への接続が可能です。
DACチップは、バーブラウンブランドPCM1798を採用。
このチップはAdvanced-Segment Architectureという独自のアーキテクチャで、高いダイナミックレンジを実現。
多くの高級オーディオ機器に採用されているDAコンバータです。
ライン出力段のアンプ電源(DC-DCコンバータ)はL/Rチャンネル各々独立に構成することで、チャンネル間の干渉を抑えています。

FD-20内部構成選べる味わい!
ニュースペースデザインのラインアップは

ニュースペースデザインは、オペアンプとその「味わい」にこだわりました。
FD-20シリーズは、アナログライン出力段のオペアンプをお好みの音質に応じて選択いただけます。
コーヒーやワインにもそれぞれに特徴があり、味わいに違いがあるように、オーディオ回路に使われるオペアンプも様々なものが各半導体メーカーから提供されており、それぞれの味わいに違いがあります。
料理に合せてワインを選ぶようにお好みの音楽に最適なアンプを選ぶことが出来ます。

FD-20 Basic■FD-20 Basic (標準モデル)

オペアンプにOPA2134PA(バーブラウン社製)を搭載。
OPA2134PAはオーディオ専用の高性能・オペアンプです。
全体にバランスがよく、落ち着いた音になります。
加えて、音の粒立ちのよさ、空間的な広がりを感じていただけます。
音楽ジャンルにこだわらずに幅広く楽しむ方に適した音作りです。

FD-20 Jazz■FD-20 Jazz (ジャズ、クラシック、フュージョンに)

オペアンプにLME49720(ナショナルセミコンダクタ社製)を搭載。
これまで試聴した中で最もディスクリートアンプに近い音がします。
ジャズ、クラシック、フュージョンをお好みの方に。
空間的な広がり、弦音・ボーカルの立ち上がりの良さ、ハイハットの
ディテール再現、透明感のある音を再現します。
高音域の立ち上がりの良さ、楽器、声の輪郭を感じさせる音を体感いただけます。

FD-20 Pops■FD-20 Pops (イージーリスニング、ポップス、バラードに)

オペアンプにNJM5532DD(JRC社製)を搭載。
往年のオーディオ用スタンダードアンプ
イージーリスニング、ポップス、バラードなどをお好みの方に。
低音域から広音域までバランスのよい音を再現します。
音の厚み・透明感を保ちながらも、まろやかな音質を感じていただけます。

●PCオーディオシステム構成例
PCオーディオとUSB-DACによるシステム構成例

仕様仕様(Basic)

対応OS
オーディオライン出力
Windows XP, Vista, Windows7, Mac OS X
出力インピーダンス 100Ω
最大出出力電圧 2Vrms (2KΩ負荷)
周波数応答 20Hz 〜 20KHz + 0.4, -0.5dB
THD > 0.003% (1KHz 1Vrms)
S/N < 100bB (A weighted)
ヘッドフォン出力 最大出力 75mW THD 0.2% at 32Ω
周波数応答 20Hz 〜 70KHz ± 0.5dB
THD > 0.004% 1KHz 1Vrms at 32Ω
S/N > 90dB
チャンネルセパレーション < 95dB
USB入力 サンプリングレート 8, 16, 32, 44.1, 48, 96KHz (16/24bit)
インターフェース USB full speed (USB2.0/1.1互換)
Digital出力 形状 同軸デジタル(RCA)
フォーマット IEC-60958, SPDIF
サンプリング周波数 32, 44.1, 48, 96KHz
DAコンバータIC PCM1798DB
サイズ
重さ
付属品
H:48mm×W:96mm×D:121mm (突起物除く)
450g(本体)
ACアダプター(12V 1A)、USBケ−ブル(0.5m)、簡易取扱説明書
FD-20 のFrontとRear Panel
フロントパネル(写真右): 3機種共通デザインです。
リアパネル(写真左): 3機種共通デザインです。
*注) オペアンプは、アナログライン出力の音質に影響するもので、ヘッドフォンアンプの音質は変わりません。

●法人のお客様へ
FD-20チューンアップ by ニュースペースデザインの導入ご希望の法人様は、お問い合せページよりご相談ください。
数量・価格・納期等、ご希望をお伺い致しまして、可能な限り対応させていただきます。

法人のお客様お問合せ

line

ページトップに戻る

■HD USBオーディオDAC DAC-01 powered by AUDILLUSION
HD USB-DAC DAC-01

COMING SOON !

line

■DAC搭載 USBデジタルアンプ
USBオーディオDACでPCオーディオを高音質再生

パソコンに内蔵されているDAコンバーターは、パソコン内部の様々なノイズの影響を受けています。
そのため、デジタルで保存された音楽を正確にアナログ変換できない可能性が高いという欠点があります。
USBオーディオDACはパソコンのUSB端子からデジタル信号のままで音楽のデータを取り込み、
外部の基本性能が優れたDAコンバーターを用いてアナログに変換する装置です。
これによってPC内部のノイズの影響を受けずに高音質で再生できます。
外部スピーカー出力3WタイプのModel P3はUSBパワ−のみで動作可能です。

■DAC搭載 USBデジタルアンプ P10  <スピーカ出力10W x 2chタイプ>

コンパクトなサイズでありながら、ヘッドフォンはもちろん、スピ−カを駆動できるアンプを内蔵しています。
PC直接のオーディオ出力とは比べ物にならない音像の定位、密度の高い音場再生、三次元空間を創造させる臨場感を提供します。

■DAC搭載 USBデジタルアンプ P3  <スピーカ出力3W x 2chタイプ>

P10のスピーカ出力を3W x 2に抑えることにより、外部電源なしにUSBパワ−のみで動作可能のしました。
USBポートに接続するだけで音楽再生OK。デスクトップ・オーディオの本領発揮です。

仕様仕様

対応OS
入力 2系統
DAコンバ−タ
デジタルインタ−フェイス
サンプリング周波数
解像度
電源部
クロックリカバリー
出力2系統
スピ−カ出力
ボリュ−ムコントロ−ル
Windows 7 / Vista / XP / Mac (ソフトは不要)
USB/ 光入力(SPD I/F)
シ−ラスロジック CS4353
シ−ラスロジック CS8416
32kHz / 44.1kHz / 48kHz / 96kHz / 192kHz
16bit(USB) / 24bit (SPD I/F)
デジタル、アナログ独立レイアウトによりノイズ低減
クロック再生回路により低ジッター実現
ヘッドフォン ( ミニ端子) / スピ−カ端子
P3 ( 3W x 2CH:4Ω) / P10 ( 10W x2CH:8Ω)
フロントパネルに配置
付属品 ACアダプター、USBケ−ブル、簡易取扱説明書
スピ−カケ−ブル用変換アダプター
サイズ H:33mm×W:66mm×D:90mm (突起物含む)
重さ 150g
USBオーディオDAC P10とP3の外観USBオーディオDAC 背面パネル
フロントパネル(写真左): 機種名以外はP3、P10とも共通デザインです。
リアパネル(写真右): P3、P10とも共通デザインです。
*光入力端子はUSBより優先されますので、同時に2本接続していて、USBを優先したい場合には
光端子からケーブルを外してください。

法人のお客様・・・お問合せ

メモ一口メモ

パソコンは音楽を聴くための装置ではないので音が貧弱なのは当たり前、いくら外部スピーカーにお金をかけても満足は出来ませんでしたね。ところが、こんなに小さい箱を接続するだけでパソコンがハイファイオーディオの再生装置の一部として申し分のないありがたい存在に早変わりするのです。それも、旧来のオーディオ装置には出来なかった便利さや大量の音楽の保存能力を兼ね備えているのですから、音楽やビデオとパソコンはますます切り離せない存在になりますね。
line

ページトップに戻る

●Music Bird 受信機 <音楽専用衛星デジタルラジオ>

CSデジタル放送ミュージックバードMusic Birdは16bit 48KHzの高音質「音楽専門」衛星デジタルラジオです。
本格派のクラシックファン、ジャズファンのための専門チャンネルのほか、J-POP、
ロック/ポップス、演歌/歌謡曲、ヒーリング、カフェ/イージーリスニング、TOKYO FMを
始めとするラジオなど、156チャンネルに及ぶこだわりの専門チャンネルを24時間放送しています。

放送の詳細はミュージックバードのご加入ガイドページをご覧下さい。(musicbirdのサイトです)
156チャンネルの多彩なプログラムの詳細はミュージックバードのチャンネルリストページをご覧下さい。
クラシック専門チャンネル 「THE CLASSIC」、ジャズ専門チャンネル 「THE JAZZ」のほか、歌謡・演歌、イージーリスニング、J-POP、ROCKなど、音楽ジャンル別のチャンネルが一通り揃ったスタンダードパック50chがおすすめです。

Music Birdが提供する140チャンネルの音楽番組「SPACE DiVA」をご聴取いただくには、
株式会社ミュージックバードと加入契約をしていただきます。
SPACE DiVA 受信機ご契約には加入料(1,260円:初回のみ)、
聴取料(月額2,100円より)、
チューナー及びパラボラアンテナ導入費用
(レンタルまたは購入)が必要となります。

弊社では、標準仕様のCSデジタル放送チューナー CDT-1AMの販売とともに、
弊社の音質へのこだわりから生まれたチューンアップバージョンを2機種販売しております。

line

■NSD-100A powered by AUDILLUSION

<アナログライン出力チューンアップ・バージョン>

標準仕様のCDT-1AMのアナログライン出力をこだわりの音作りでチューニングしました。
ボディはオーディオシステムとフィットする精悍なブラックにしました。
NSD-100A SpaceDiva受信機お手持ちのオーディオシステムとの組合せによって、より高音質な音楽をお楽しみ頂けるオリジナルバージョンです。
注)スピーカ端子出力の音質には変更はありません。オーディオ出力端子を用いてステレオアンプ経由でスピーカに接続すると効果が得られます。

電源回路のチューンアップ[音質改善への取組み]
ニュースペースデザインは、電源部に着目し以下のような音質改善を行いました。

1) DACおよびアナログ電源回路のチューニング

2)アナログライン出力段のオペアンプ変更
伸びのある音質を得るために最終段アンプをLM4562に変更しました。
下のグラフのような改善結果が得られます(シミュレーション)。
シミュレーション結果

[解説] :
増幅器で増幅作用が働くと、電源から信号に相似した電流が変化します。この変化に対し、例えば0.1Ωという極少のインピーダンスが存在すると、増幅作用による電流変化が電圧として発生します。
上のグラフで青線が一般的な定電圧回路でグラウンドに発生する信号成分です。赤線はチューニングした場合です。
青線の波形に対し、およそ百分の一(-40dB)低いシミュレーション結果となります。
測定限界を超えた領域でのチューニングを行なうこと、それは、人の耳は聴こえてくる音の変化分に対しては、-140dB を超える分別能力があるということを確信しているからです。

[音質改善の効果は] :
アナログ回路への電流の安定供給により、増幅作用に伴う負荷変動が低減されると、以下のような聴感上の効果が得られます。

  • 聴感S/Nの向上(透明感)
  • 音場の奥行き感
  • 音の立ち上がり、消えてい時の安定感
  • 中低域の安定感
  • 音の粒立ちの良さ

[さらに詳しい音質改善法の解説書] :
(別ウインドウにPDFが開きます)

●トピックス

音展

2012年 10月19日〜 21日に開催された「オーディオ・ホームシアター展」のミュージックバードブースに出展したNSD-100Aは、標準機CDT-1AMとの試聴比較において、音質の差が認められ好評を得ました。

月刊ステレオ誌2012年9月号

月刊ステレオ誌 2012年9月号に弊社のNSD-100Aの音質の良さが紹介されました。
表紙写真をクリックするとステレオ誌より抜粋記事が別ウインドウに開きます。

ファイル・ウエブの紹介記事

オーディオビジュアルのポータルサイト「Phile Web」にレビューが紹介されました。(画像をクリック)

line

■NSD-100D powered by AUDILLUSION

<デジタル出力対応バージョン>

標準仕様のCDT-1AMに光出力インターフェースを追加しました。
SPACE DiVAのデジタル配信コンテンツを光デジタル出力します。(SPDIFに準拠)
光デジタル出力をお手持ちのDAコンバータやデジタルアンプに接続することができます。
お好みのDAコンバータ・アンプでミュージックバードの音楽をより高音質でお楽しみいただけます。
光デジタル出力端子付きNSD−100D リアパネル

光デジタル接続のシステム構成例

仕様標準タイプCDT-1AMの仕様

音声仕様
音声アナログ出力
チャンネル
スピーカー出力
入力端子
出力端子
アンテナ入力端子
アンテナ出力端子
受信範囲
時計機能
付加機能
電源
消費電力
付属品
サイズ(幅×奥行×高さ)
重量
MPEG1 LayerII
(RCA端子)1系統
全156プログラム
3.5w×2 (8Ω)
アナログ1系統 (外部音声機器入力)
アナログ1系統
F型コネクタ1系統
F型コネクタ1系統
JCSAT-2A号機 950〜2150MHz
あり。
プログラムタイマー機能
DC12V(専用アダプター使用)
最大30W
専用リモコン
258mm(W) x 181mm(D) x 44mm(H)
910g (ACアダプター含まず)
●NSD-100Dの追加仕様
デジタル出力 光デジタルSPDIF準拠(光角形コネクタ)

●法人のお客様へ
Music Bird受信機チューンアップ・バージョンの導入ご希望の法人様は、お問い合せページよりご相談ください。
数量・価格・納期等、ご希望をお伺い致しまして、可能な限り対応させていただきます。

法人のお客様お問合せ

メモ一口メモ

聴いて納得!
従来の概念のラジオ放送とは異なる高音質を幣社視聴ルームにて試聴してみませんか。
各種の真空管アンプやオーディオDACとの組み合わせもお楽しみ頂けます。お気軽に連絡下さい。
Music Birdと真空管アンプの組合せ試聴室

line

ページトップに戻る個人情報保護について

Copyright ©2010-2014 New Space Design Co.,Ltd All Rights Reserved